フィーダ株式会社の『RED TOKEN』、 高性能なメガトランザクション・マッチング技術を持つ 外国の暗号資産取引所である「MEXC Global」に上場決定。


フィーダ株式会社の『RED TOKEN』、高性能なメガトランザクション・マッチング技術を持つ外国の暗号資産取引所である「MEXC Global」に上場決定。
RED°TOKYO TOWERとFF XVプロデューサー田畑氏がタッグを組み、メタバースをかけ合わせた次世代エンタメを牽引するトークンエコノミーの創出へ。

トークンの発行を主要事業にしながら、NFTやメタバースなど最新技術を駆使した次世代エンターテイメント体験の提供の実現を目指すフィーダ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:原 康雄 以下、フィーダ)が発行する暗号資産RED TOKEN(ティッカーコード「RED」)は、高性能なメガトランザクション・マッチング技術を持つ暗号資産取引所「MEXC Global」に上場いたします。

RED TOKEN(以下、REDトークンという)は、東京タワーを中心としたリアル施設(RED°TOKYO TOWER等)と、FINAL FANTASY XVプロデューサーの田畑氏と構築するメタバースをかけ合わせ、esports等の次世代のエンターテイメントを提供していく「RED°」ブランドにおけるトークンです。このブロックチェーン技術を活用したREDトークンを、ユーザーが遊びを通じて獲得・交換・消費し、その遊びの熱量が可視化され循環することにより、さらに新たな仲間やコンテンツと出会える “次世代のエンタメ体験通貨” として活用することを目指しています。
フィーダがREDトークンの発行、管理を推進。RED°を手がける東京eスポーツゲート株式会社がリアル施設とメタバースの開発を行う予定です。



「MEXC Global」はグローバルで多数のユーザーを抱えており、同時にトレンドの最先端をいく取引所です。今回の上場により、REDトークンの認知度向上およびトレンドに敏感なユーザー層の更なる取り込みを狙ってまいります。
なお、MEXC Globalは、日本において暗号資産交換業の登録を受けておらず、日本の居住者はMEXC Globalにおける取引を行うことはできません。